ご予約フォーム

098-861-1425受付時間 10:00〜19:00

シーマックスの海教室

海教室ダイ137回目!BCDの役割について

2020/09/29

皆さんこんにちは!今回はユッコがお送りします!

 

今回は器材について!

最近ゲストさんに重器材のオススメを聞かれることが多かったため、改めて勉強しなおしました!

そこで今回はBCDについて書いていこうと思います◎

6b41eee9-4809-47ee-ae6a-0e1f8f6d0fa2

皆さんはBCDが何の略か知っていますか?

Buoyancy Control Device 浮力調整器具のことです。

 

それではなぜBCDが必要なのでしょうか。

まず、基本的に人間の体は水面で浮きます。

その為、潜るには重りが必要で、ほとんどの方はウェイトを付けていくと思います。

しかし、水中に入ると体の浮力が減ったり、ウェイトが重すぎて

沈みがちになってしまったりします。

その時に肺呼吸だけでは補えない浮力を助けてくれるのがこのBCDです!

 

基本的な操作方法!

BCDには空気が入るように作られていてこの中に空気を入れたり、空気を抜いたりすることで中性浮力を維持します。

一般的に左の肩からインフレーターホースが伸びていて、

その先に空気を出し入れするボタンがあります。

 

左手の人差し指、親指でエル字を作ってボタンの上に指を重ねるのが一番操作しやすい持ち方です。

963c95f9-7835-4ddb-af32-8ac07742251d

このとき人差し指がデフレーターボタン(空気が抜ける)、親指がインフレーターボタン(空気が入る)に来るようにしておきましょう。

癖をつけておけばいざという時の操作を間違うことなく行えます◎

 

 

吸気、排気の時に気を付けてほしい事が2つ!!

まず一つ目は空気を抜くとき

BCDの中には空気がたまると言いましたが空気は軽いため、

BCD内全体に均一に空気が広がるわけではなく、その中で1番高い所に集まります。

f08c16b1-8d89-4010-a6a2-9f9969b0bc89

その為、空気を抜きたい時はインフレ―ターホースが体の中で1番高い場所に来るような態勢を取りましょう!

e6d9dedc-dcc8-430d-a082-24a1ce6c4f9e

足が上がっていると腰の部分に空気がたまってしまい、うまく排気できないので注意です❕

 

2つ目は空気を入れる時!

空気を入れる時は少しずつインフレ―ターボタンを押して入れて下さい。

一気に空気を入れてしまうと急浮上の原因になりとても危険です!

また、空気を入れてから浮き上がるまではタイムラグが1秒ほど発生するのでボタンの連打もやめましょう。

 

短く1度ボタンを押して、呼吸をしてみても浮かない時にまた、ボタンを押すの繰り返しでゆっくり落ち着いて行う事が大切です◎

 

 

BCDは水中での浮力を補うのにとても大きな役割を果たしていますが、

水面でも浮力としての大きな役割を果たしてくれます。

BCDに空気をいっぱいいっぱい入れるとライフジャケットと

同じくらいの浮力を得ることが出来ます。

水面に上がってきたときに水を飲んで溺れるという事例もありますので

水面に上がってきた際や、エントリーする前は必ずBCDに空気を入れて安全を確保するようにしてくださいね☆

 

今週はBCDの役割について書きました!

次回はBCDを選ぶ際に木を付けてほしい事について書きたいと思います!

次回もお楽しみに(@^^)/~~~

海教室136回目!!こんなこともしてるんですシリーズ~船底掃除~

2020/09/22

136回目の海教室!!

今回はフミが担当します!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近はポイント紹介シリーズの海教室でしたがひと休憩🎶

今回はこんなこともしてるんですシリーズ『船底掃除編』です!!

 

まずは船底掃除に使用してる道具の説明からです(*^_^*)

左からグローブ、かなだわし、スコッチブラシ、ヘラです♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船底掃除前のプロペラです!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船底掃除後のプロペラです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピカピカですね!!自画自賛です^_^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船と向き合ってこんな感じで、行ってます笑

ボートクルーとして乗った際に行うこともあるので、ダイビングやシュノーケルをしに来て下さった際に船の下にいるこんな変な人を見たことがあるかもしれませんね笑

こんな格好で船底掃除してるのです!!うねりや波が高い時は大変!毎日船に乗っていても船酔いをしてしまうこともしばしば、、、

情けない💦笑

 

他にも船底掃除前の全体写真

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船底にはフジツボがたくさんついてます!!

これをヘラで落としていきます♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ではフジツボとは、石灰質の殻を持つ固着動物です!動物なのです(^ ^)

雌雄同体で固着生活でも効率よく繁殖活動を行います!そのため1週間船を動かさないと船の下はフジツボがたくさん付いていますm(._.)m

 

船の周りには藻もたくさん付きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

藻を落とすのはタワシでゴシゴシと!!

フジツボや藻がつくと水流の抵抗や重みで船の燃費が悪くなってしまうのです。

船の下も見えない所ですが常に綺麗にしとかなければいけないのです⭐️

 

もし慶良間で見かけることが応援してください^_^笑

 

今回はここまで次回をお楽しみに✌️

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

海教室第135回目!「北部でのダイビングホーシュー!」

2020/09/13

皆さんこんにちは、今週はユッコがお送りします☆

 

今週も休みの日に行ったダイビングネタになるのですが、

楽しかったダイビングポイントの紹介!!

 

今回は沖縄本島北部、万座毛のすぐ近くのポイント「ホーシュー」というところでダイビング!

{"subsource":"done_button","uid":"FBC8AFF1-A2C0-461A-BD66-BC13638CA4F0_1599871874689","source":"other","origin":"gallery","source_sid":"FBC8AFF1-A2C0-461A-BD66-BC13638CA4F0_1599871874700"}

細かくすると赤い円の中に3つのポイントがあるようです。

入り口はとても分かりにくかったのですが、ダイバーさんたくさんいました

 

ビーチからのエントリーをしましたがちょっと大変…(-_-;)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

慣れてない人や足腰に自信のない方はあまりお勧めできません。

エントリーポイントがゴロゴロ、トゲトゲの岩だらけで

足をくじいたりこけてけがをする人が少なくないそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

基本的にここではドリフト形式でのダイビングになります。

エントリー、エキジット口が3つあり、入った場所から流れに乗って次の場所で

エキジットでした。

 

水中は浅いサンゴの棚から一気に下は40m位のドロップオフ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近くに釣り人用の東屋があるそうでそのエサを狙いに大物が回遊して来たり、

その魚を狙って大きなサメが出たりするようです

 

私が行った日はサメはいませんでしたがすごい数のカマスの群れが回遊してきていました♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドロップオフに沿ってのダイビングになるので中性浮力は必須です!!

緩やかに流れがあるので中性浮力さえ取れていればその流れに乗って

快適なダイビングが出来ます(^^♪

ドロップオフ沿いに割れ目もあり、洞窟やトンネルが好きな人にはもってこい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、水温が下がってくるとウミウシも多くなってくるとの事だったので

今度はウミウシ狙いで行きたいなぁと目論んでいるところです( *´艸`)

 

安全停止はサンゴの棚の上で♪サンゴ畑はもちろんキレイでした

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エキジットは水深1mない所を泳いでからになるのでうねりがあると白波立っていたりします。

私が行った日もうねりが強く、エキジットの時に危険だと感じました(;’∀’)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

素肌は出さずにウェットスーツをバッチリ着ていくことをお勧めします!

 

大物狙いや、地形が好きなダイバーにはお勧めのポイントだと感じました!!

ただ、エントリー、エキジットは大変なので行く際には十分な注意が必要です⚠

私もまたポイントの調査を兼ねて遊びに行きたいと思います!!

 

今回はここまで!次回もお楽しみに(@^^)/~~~

海教室第134回目!!~慶良間のポイント紹介~

2020/09/08

134回目の海教室♪

前回に引き続き、慶良間のポイント紹介シリーズです!!

今回、ご紹介するポイントは渡嘉敷島の西側にある『アリガーケーブル』です。

標識を目印に、現在は使われていないのですが海底にNTTのケーブル電波線が敷かれています。

太く長いケーブルに見応えもあります(‘ω’)ノ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

太く長いケーブルにはサンゴがついていることもあります(・ω・)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浅瀬はサンゴがものすごく美しい場所となってます☆

エントリー直後に感動する光景が広がっている事でしょう(*^_^*)

安全停止しながらもサンゴに癒されますね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハマクマノミ

クマノミ

カクレクマノミ

ハナビラクマノミ

セジロクマノミ

の5種類のクマノミに出会えることも出来ます!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

またアオウミガメやタイマイに出会えるチャンスもありますよ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アリガーケーブルで出会うタイマイは

お食事に夢中のカメも泳いでるカメにも遭遇できるチャンスがありますね(・ω・)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

また深場に行けば砂地があり、幻想的な世界が広がっています☆

その砂地を生息とするチンアナゴが四方八方に顔をひょこひょこと覗かせています(*^_^*)

img_1051

 

少し見つけるのが難しいハダカハオコゼにも出会えるチャンスがあります(‘◇’)ゞ

沖にいるのでAOW以上のライセンスが必要ですね!!

ダイビングの幅を広げるためにはアドバンスオープンウォーターまで持っているのがお勧めです☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

1年ほど前ですが、浅瀬にマンタに出会えたこともありました(‘ω’)ノ

確率的にはものすごい低いですが・・・(笑)ドキドキする場所ですね♪

Unicode

今回はここまで!!

次回をお楽しみにー!!

海教室第133回目「お気に入りの🐟ナカモトイロワケハゼ!」

2020/09/01

皆さんこんにちは!ゆっこです。

最近休みの日にもダイビングをして海漬けです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日はナカモトイロワケハゼを撮る為だけに早朝の海でダイブ♪

 

そんな私を魅了してやまないナカモトについて今回は書いていこうと思います!

まずはナカモトとはこんな魚↓↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きな眼がチャームポイントですね!羨ましい…‼

身体は黄色と白に分かれています。可愛すぎる( ;∀;)

大きさはだいたい2センチほど。お腹に卵を持っているとオレンジ色に見えます。

 

ハゼの仲間でミジンベニハゼ属に属します。

(このミジンベニハゼ属がもうとてもかわいらしいので是非調べてみてください)

名前の由来はナカモトはナカモトさんという方が初めて見つけたことから、

イロワケは黄色と白に色が分かれているところから付けられています。

 

生息場所は目撃例が少なくあまりはっきりとわかっていないようです。

今日本で見られるのは沖縄、石垣島だけ👀

普通はサンゴ礁域の35mほどで貝や空き缶の中を住処としています。

 

それがなんと沖縄本島では今15mの深さで見ることができます✨

おかげでゆっくり写真を撮ることもできました(^^)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

住処の中には多くの場合2匹の個体がペアになっており、卵を持っていることが多いです。

産み付けてる卵がオレンジだと産みたて、上の写真のようにグレーになっているとよく見ると目が見えるくらいに成長していますよ☆

ちなみに寿命は1年から長くても2年だそう。

 

警戒心が強いのでゆっくり近づいていかないと引っ込んでしまいます。

引っ込んでしまったらじーっと出てきてくれるまで待ち…。

ちょっとすると警戒心を解いて出てきてくれますよ♪

{"subsource":"done_button","uid":"FBC8AFF1-A2C0-461A-BD66-BC13638CA4F0_1596189572735","source":"other","origin":"gallery","source_sid":"FBC8AFF1-A2C0-461A-BD66-BC13638CA4F0_1596189572883"}

2匹並んでいるところもとーっても可愛いのでぜひ狙って撮ってみてください💛

 

以上、今回は私が今夢中になっているナカモトイロワケハゼについて書きました!

今回もありがとうございました、次回もお楽しみに(@^^)/~~~

海教室第132回目!!~慶良間のポイント紹介~

2020/08/25

132回目の海教室(*’▽’)

今回はフミが担当します!!

慶良間のポイント紹介シリーズも3回目♪

今回は儀志布島にある『タマナーファーム』

渡嘉敷島と儀志布島に位置するタマナーファームのポイント名の由来はリュウキュウキッカサンゴからです!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

立派なリュウキュウキッカサンゴが点在するポイントです♪

リュウキュウキッカサンゴがキャベツのよう!!

沖縄ではキャベツを方言でタマナーというのです!(^^)!

それからタマナーファーム(畑)、キャベツ畑ですね!!(笑)

まるで菊の花のようでもあり、形が綺麗なさんごですよ♪

 

タマナーファームにはリュウキュウキッカサンゴだけではなく大きなオオハマサンゴがあります!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長い年月を経て成長をしたであろうオオハマサンゴ!!

自然の偉大さを感じます(‘ω’)ノ

 

そしてウミカメが多いということで有名☆

アオウミガメは泳いでるシーンや寝ているシーンにも遭遇できるかも☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

またタイマイもいることが多いですね!!タイマイはタマナ―ファームでも食事していることが多いです(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

またクマノミも多く、珍しく勇ましいセジロクマノミの住処もありますよ♪

p6210110

浅瀬にはノコギリダイやアカヒメジの群れがいて、安全停止中にも癒しの時間が続きます(・ω・)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小ぶりなサメ『ネムリブカ』が泳いでることもあります(‘ω’)ノ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

癒しあり、ワクワクありの『タマナ―ファーム』♪

行ける機会があれば一緒に楽しみましょうね!!!

一緒にカメを見つけましょう(‘ω’)ノ

 

度々の海教室にも記入してますが、ポイントの要望にこたえることはできませんm(__)m

その時の海況や、船全体の状況を考慮してその日のポイントを決めていきますのでご了承お願いします。

 

今回はここまで!

次回をお楽しみに(@^^)/~~~

海教室第131回目!「水面で進む!泳ぎ方」

2020/08/18

皆さんこんにちは!今回はユッコです♪

夏ですね!家族でシュノーケリングに行く人も少なくない季節です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シュノーケルをする時に推進力の手助けをしてくれるのが足ヒレ、フィンですね!!

しかし、このフィン、うまく使いこなせないとなかなか進みません(;’∀’)

なので今回はフィンの使い方、フィンワークについて書いていきます。

 

上手くフィンで推進力を生むにはブレードと呼ばれるフィンの先を使いこなす必要があります。

 

フィンワークを行ううえで基本的な動作は足を上下に動かすことです。

足の甲で水を押すような気持ちで足を振り下ろします。

7

p8170249_moment2

p8170249_moment3

足を上げる時はつま先に力を入れ振り上げます。

これを繰り返すことでブレードをしならせて後方に水を押し出して推進力を得ることが出来ます!

ちなみにこの推進力を得られるのは足を振り下ろしているときです。

 

ここでNG例↓↓

進まない人の多くの泳ぎ方が自転車こぎの様な泳ぎ方になっています。

4

5

6

 

膝が手前に曲がってしまい、フィンの先が水を切るように動きます。

そうなるとうまくブレードで水を捕まえることが出来ないのでなかなか進まないと言う事になってしまいます…(-_-;)

 

上手く泳ぐポイントとしては

☆ゆっくりフィンを動かすこと!!

☆ひざは出来るだけ曲げずに泳ぐこと!

☆フィンで水をとらえるイメージで泳ぐこと!!!

☆細かい動きだと進みにくいので大きく足を動かすこと!

 

以上のことを意識するだけで海で遊ぶ時に

フィンが強い味方になってくれます( `ー´)ノ

 

是非、次回海遊びの際に試してみてくださいね☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回はここまで!!次回もお楽しみに(@^^)/~~~

海教室130回目! ~慶良間のポイント紹介~

2020/08/11

130回目の海教室♪

今回はフミが担当します!!!

前回に引き続き慶良間のポイント紹介シリーズ!(^^)!

 

今回は渡嘉敷島にある『野崎』

渡嘉敷島に西にあるポイント。

 

沖に行くと砂地が一面に広がっており、浅瀬にはサンゴが一面に!!

深度12~20mにはサンゴ畑と言われるユビエダハマサンゴがびっしりと広がってる場所があるのです(*^_^*)

フミが何度潜っても好きな場所です!!

そのサンゴの上にはスズメダイやハナゴイが無数にいるのです♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

太陽の光が入れば魚影に癒されます♫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

野崎の沖にも浅瀬にもネムリブカに出会えるチャンスがあります(‘◇’)ゞ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

またニモで有名なカクレクマノミも出会えますよ!!

体験ダイビングでも出会える深度にいるので見れたらいいですね☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

またアオウミガメやタイマイにも出会える可能性がある場所です!

泳いでる姿やお食事中のカメ、またお昼寝中のカメと様々な姿に出会えるかも!!

p8040109

流れも早いこともあるので、海況がよければ行く場所になります!!

どのポイントもそうですが、、m(_ _)m

 

前回の海教室にも記入しましたが、ポイントの要望にこたえることはできませんm(__)m

その時の海況や、船全体の状況を考慮してその日のポイントを決めていきますのでご了承お願いします。

 

 

 

今回はここまで!!

次回をお楽しみにー⭐️

海教室第129回目!「沖縄本島沿いでダイビングしてきました!」

2020/08/06

皆さんこんにちは!ゆっこです!

前回までのトラブルシリーズはいったん休憩して

今週は初めて行ったダイビングスポットの紹介☆

 

いつもは慶良間でのダイビングをしている私たちですが

お客さんからのリクエストや慶良間に行けないほどの波がある日は

別の場所で潜ることも…!!

 

今回は那覇から20分ほどの距離にある宜野湾沖でのダイビングをする機会があったのでそれについて書いていこうと思います!

 

ビーチからのエントリーも可能な場所もありますが

今回はボートに乗せてもらい出発☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

港からポイントまではだいたい10分ほどで到着しました。

 

水中は見渡す限りのサンゴ畑!!

p7310054

水底は砂地のため、風や波があると舞いやすく、

透明度も低くなりやすいようです。

この日の透明度は5~10m程度でした!

いい日は15m~20m位まで見えるそう🎶

 

見れる生物はかなりマクロより!

先ほども書いたように砂地なのでハゼの種類が豊富☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初めてのナカモトイロワケハゼに感動しました(>_<)

 

p7310081

また海藻も多いのでそこに隠れるエビやカニも

慶良間ではなかなか目にしない子たちが揃っています👀

(上の写真はコノハガニというカニです)

 

もちろんマクロの代表(?)ウミウシもたくさん!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

指の先に見えるか見えないかくらいの小さな子から

栄養をたくさん蓄えたんだろうな…という大きな子まで(笑)

p7310151

ゆっくり小さな生き物を探すダイビングは体が冷えやすいですが

沖縄の今の水温がだいたい28度くらいなのでその心配もなく潜ることが出来るのが嬉しい点ですね♪

 

1度行っただけではいろんな生物を探し切れていないので

また機会があれば潜りに行きたいなと思います!(^^)!

 

沖縄でも知らないスポットがまだまだたくさんあるので

皆さんのお勧めのダイビングスポットがあれば教えてくださいね(^^♪

 

今回もありがとうございました!次回もお楽しみに(@^^)/~~~

海教室第128回目!!~慶良間のポイント紹介~

2020/07/28

128回目の海教室!今回はフミが担当します!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初に断っておきますが、ポイントに要望にこたえることはできませんm(__)m

その時の海況や、船全体の状況を考慮してその日のポイントを決めていきます!!

なので要望に応えることはできないのですが、、、、

どのポイントでも楽しさがあります!!

多くの慶良間のダイビングポイントから海教室1回ごとに1個ポイントをご紹介するシリーズにしていきたいと思います(*^_^*)

 

まずは、黒島にある『黒島北』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

黒島は慶良間諸島のなかでも本島に近い位置にあり、無人島です。

ただ、ヤギだけ生息してるのです!!

ポイントに着いたらダイナミックな岩肌と緑があり自然の偉大さを感じさせます。

水中もダイナミックな世界が広がっているのです。

この黒島北は今の時期、夏の季節に行くことが多いです(‘ω’)ノ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ではどんな水中が待ち受けているかというと、、、

ケラマブルーに映えるキンギョハナダイ♪

ソフトコーラルも一面に広がっています!!

_7080122

こちらは流れも強く上級者向けのエリアとなってます!!

 

浅瀬にはモンツキカエルウオが住処を変えながらダイバーをお出迎えしてくれるはずです♫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

狭い洞窟に行けばネムリブカがうろちょろしていたり眠っています!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

運が良ければ、アオウミガメに出会えるかも・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

またウミウシも多いエリアとして有名です!!

マクロあり大物ありのポイント!!

ワクワクドキドキや癒しのダイビングが出来ることでしょう(‘ω’)ノ

 

次回はどこのポイントにしようかな・・・

次回もお楽しみに☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

RESERVE

ダイビングライセンス、ファンダイビング、体験ダイビング、シュノーケリングのご予約はこちら

ご予約フォーム

098-861-1425受付時間 10:00〜19:00

料金表はこちら

病歴/診断書 [PDF]